タニクアイランドは エケベリア ハオルチア 寄せ植えセットなど塊根贖物 多肉植物の通販サイトです

タニクアイランドは多肉植物の通販専門店です

3240円(税込)以上お買い上げで送料無料になります

当店では発送の際リサイクル段ボールを使用しております

コンビニ・銀行での後払いが出来るようになりました


※お知らせです ハオルチア8種が入荷しました 販売は本日7日21時からです


 
 
会社紹介
 

多肉島からの贈り物です
多肉植物ってこんなにも多くの種類があるんですよ

リュウゼツラン科  300 葉 北米、中米

サボテン科 1600 茎 (根, 葉) アメリカ大陸

ベンケイソウ科 1300 葉 (根) 世界中

ハマミズナ科  2000 葉 オーストラリア

キョウチクトウ科 500 茎 アフリカ, 中近東, インド, 

ディディエレア科 11 茎 マダガスカルの固有種

トウダイグサ科   1000 茎、葉、根 オーストラリア, アフリカ, アジア, アメリカ大陸, ヨーロッパ

ツルボラン科 500 葉 アフリカ, オーストラリア
 
スベリヒユ科 葉と茎 アメリカ大陸,アフリカ

ひとつの鉢に複数の多肉植物を植込むことを寄植えといいます
お水の管理だけしっかりしていれば割と簡単に植え替えることができます

この写真の子供たちは大きくなりすぎて株分けしたものや 根っこがなくなってしまったものなどを再度植込んでみました

根っこがなくなった子も3ヶ月くらいすると自然に土のなかに根をはります

毎日では気がつきませんが一週間に一度くらい見るとあれ?育ってるなって感じます


多肉植物ってちょっとなじみのない名前ですね。サボテンも多肉植物の一種ですがむしろサボテンのほうがはるかに有名ですね
多肉植物の楽しさは成長がゆっくりですが目でみることができます 品種にもよりますが1週間で1.5倍くらいまで成長することもあります 
多肉植物は原産国がスペインで比較的乾燥した土壌に生育します 見てすぐにわかるように他の植物にくらべ葉の占める部分が大半でここに多くの水分を蓄積しています
サボテンを含めて多肉植物の栽培の難しさは水やりです どのくらいの量を与えてよいのか多肉植物の生産農家もまちまちの意見があります 月に1回や週に1回などなど
ここでTanikuislandはある方法を考えました はちの中の水が見えたらどうだろうかということです 多肉植物が元気がなくなってしまう原因の多くは根腐れです これは水分の与えすぎによるものです 根は確かに水分を吸収していますが同時に呼吸もしています ほどよく土の間から水分と空気を吸収することが大事です 水の上げ過ぎはこの根の呼吸を妨害してしまうところからきています
Tanikuislandが考えた対処方法は根っこの部分のお水が目に見えたらでした 根の回りには栽培時の培養土を残し鉢は水抜きのない容器にし底の部分にはゼオライト(沸石)というイオン交換石(天然石)を敷き水の腐敗を防ぐ効果があります 培養土の回りにはセラミスというドイツ製のセラミックスの顆粒を配置しました セラミスは水分保水率が高くまた保水が少なくなると赤茶けたいろから薄い茶色に変色してきます このセラミスが乾いてきたら全体が湿る(水につかるではありません)くらいにお水をあげてください

ガラス容器の底にゼオライトを敷きます

その上へセラミスを敷きます

培養土のついた根をかこうようにしてセラミスを追加してゆきます

お水のやり方

まだセラミスにお水はあげていません 根っこの部分は多少の水分が残っています

一番下のゼオライトにお水が届くくらいでセラミス全体が水分を保水してくれます

このくらいが最適な状態です

さらにお水を足すとセラミスが吸収できなかった分が溢れてきます

この状態では根っこの部分がすべて水分に覆われて空気呼吸ができなくなります これが根腐れの原因になります

お水を多く入れすぎた時はそっと斜めにしてお水をこぼして下さい一緒にセラミスも崩れてきますので軽く指で押さえて下さい


ページトップへ